ゴキブリ対策を知る

柵の影

毎年梅雨時期頃になるとゴキブリに悩む方は多いです。生理的に見ただけで嫌悪感を抱く人も多く、駆除しようとしても素早い動きで逃げられてしまうこともあって、非常に不愉快です。ゴキブリ駆除のためにはゴキブリの出そうな場所を考え、徹底的にその場所に対策を立てることである程度防げます。夏になると、クーラーの室外機付近はゴキブリにとって居心地のいい場所になるのです。従ってその付近に本さんイルの駆除剤を複数置いておくことや、据え置き型のゴキブリ捕獲器を設置しておくこともゴキブリ駆除には効果的です。ただし、捕獲器の場合、それを捨てる際に捕獲器にゴキブリがかかっているか見る必要があるので、姿を見るだけで嫌悪感を抱く人には苦痛であるかもしれません。

ゴキブリ駆除にはほう酸が効くと言われています。ほう酸を混ぜた玉ねぎの団子をゴキブリの歩きそうな場所にいくつか置いておくとそれを食べたゴキブリが死ぬという専門の業者の方もいるのです。従ってこれをヒントにし、台所の下の棚などに至難にほう酸を含んだ駆除剤を複数置いておくようにするとゴキブリ駆除に効果を発揮します。その場でゴキブリが死んで、それを自分で処理する必要はありません。この区錠剤を食べたゴキブリが徐々に弱っていき、しかも巣に帰ってふんをするとふんに交じっているほう酸で巣も撃退できる効果があるのです。巣を撃退しておけばとりあえずはゴキブリの大量発生は防げます。ゴキブリは病原菌を持ってやって来ることもあるので、駆除には神経を使いたいものです。